お知らせ
  • 令和元年7月31日および8月1日に、日韓共同セミナー FUTURE CONSENSUS DAIALOGUEを、東京で、與時斎(韓国)、自然エネルギー財団(日本)及び安全保障外交政策研究会の共催で開催した。両国から多くの国会議員と専門家が参集し、北東アジア開発協力、エネルギー協力、金融協力のほか、政治課題について率直な意見交換を行った。
  • 令和元年5月8日、第18回安全保障外交政策研究会を開催し、西野純也慶應義塾大学教授より「北朝鮮非核化の展望―北朝鮮の立場を中心に―」、道下徳成政策研究大学院大学教授より「北朝鮮非核化の展望―北朝鮮の非核化に関する米国の動向―」のレクを受け、集中討議。
  • 平成31年4月22日、第17回安全保障外交政策研究会を開催し、小此木政夫慶應義塾大学名誉教授より「日韓歴史摩擦の現状と展望──司法問題にどう対応すべきか」についてレクを受け、西野純也慶應義塾大学教授の討論「日韓歴史摩擦について」を経て、集中討議。
  • 安全保障外交政策研究会は、本年4月、研究ジャーナル誌『Security Studies 安全保障』第1巻第2号(インド問題を特集)を発刊しました。詳しくは、秋山通信を参照ください。
  • 安全保障外交政策研究会は、本年3月から、研究ジャーナル『Security Studies 安全保障』を発刊することにしました。詳しくは、秋山通信を参照ください。
  • 平成31年2月6日、第16回安全保障外交政策研究会を開催し、伊藤融防衛大学校准教授より「インド外交のなかの「モディ外交」」について説明を、小林公司みずほ総合研究所上席主任研究員より「インドの経済および経済政策の現状と展望―伝統的外交からの脱皮か、継続か?」について説明を受け、討議。
  • 平成31年2月4日、第15回安全保障外交政策研究会を開催し、竹中千春立教大学教授より「インドの政治―2019年総選挙へのダイナミクス」について説明を、神谷万丈防衛大学校教授より「「競争戦略」のための「協力戦略」――日本の「自由で開かれたインド太平洋」戦略(構想)の複合的構造――」について説明を受け、討議
  • 平成30年11月9日、第14回安全保障外交政策研究会を開催し、渡部恒雄笹川平和財団上席研究員より「2018年中間選挙と今後の政策」について説明を、田村暁彦政策研究大学院大学教授より「国際通商秩序の現状と今後」について説明を受け、討議。
  • 平成30年11月7日、第13回安全保障外交政策研究会を開催し、佐橋亮神奈川大学教授より「米中戦争と日本」について説明を、関山健東洋大学准教授より「米中貿易戦争の展望―なぜ経済相互依存の米中が対立するのか」について説明を受け、討議。
  • 平成30年9月27日、第12回安全保障外交政策研究会を開催し、伊藤元重学習院大学教授より「内外経済の動向」について説明を受け、小黒一正法政大学教授より社会保障改革と財政改革について補足説明を受け、討議。
  • 平成30年6月18日、第10回安全保障外交政策研究会を、第1回北朝鮮問題集中研究会として開催し、細野雄一が北朝鮮問題とEU・ロシアの関係を発表し、西野純也が米朝首脳会談について発表し、集中討議した。両氏からの論考が提出されたほか、徳地秀士から朝鮮半島と日本の安全保障についての論考提出があった。
  • 平成30年6月14日、第11回安全保障外交政策研究会を、第2回北朝鮮問題集中研究会として開催し、米朝協議に至るトランプ政権の意思決定体制の変化を渡部恒雄が、胡錦涛から習近平政権に至る中朝関係の展開を川島真が、さらに、北朝鮮の非核化とロシアの関係について下斗米伸夫が発表し、これらについて集中討議を行った。
  • 平成30年3月10日、東京で第2回日比戦略対話を開催する。
  • 平成30年2月16日、第9回安全保障外交政策研究会を開催し、秋山昌廣安全保障・外交政策研究会代表より、「アジア太平洋地域の安全保障アーキテクチャー ―ネットワーク覇権を構想―」について説明を受け、討議。2018年3月のホームページで発信。
  • 平成29年12月18日、第8回安全保障外交政策研究会を開催し、田中浩一郎慶応義塾大学教授より、不安定化する中東について説明を受け、討議。2018年1月のホームページで発信。
  • 平成29年10月9日、第7回安全保障外交政策研究会を開催し、小原凡司笹川平和財団上席研究員より、中国共産党第19回全国代表大会後の政治及び軍事状況の説明を受け、討議。11月ホームページで発信。
  • 平成29年10月8日、特別研究会を開催し、エズラ・F・ヴォーゲル ハーバード大学名誉教授から、日中関係の問題点(1992年から2042年まで)について講話を聴いた後、討議。12月のホームページで発信。
  • 平成29年9月28日、第6回安全保障外交政策研究会を開催(鹿島平和研究所外交研究会に相乗り)し、これからの日本外交についての講話を聴く。講師は川口順子元外務大臣。11月のホームページで発信。
  • 平成29年9月19日、特別研究会を開催し、広瀬崇子専修大学教授がインド外交における最近の動きと日本外交のあり方についてレクチャー。論考は、10月のホームページで発信。
  • 平成29年7月20日、第5回安全保障外交政策研究会を開催し、中国経済の展望と、 日中に焦点をあてた経済相互依存と政治関係について討議。発表者は関山健東洋大学准教授。 論考は、同年8月ホームページで発信。
  • 平成29年6月30日、特別研究会を開催し、細谷雄一慶應義塾大学教授が欧州政治の展望と日本外交への示唆についてレクチャー。論稿は、同年8月のホームページで発信。
  • 平成29年5月31日、第4回安全保障外交政策研究会を開催し、大国米中関係の展望と日本外交への示唆について討議。 発表者は川島真。川島東京大学教授が執筆した論考は、同年6月ホームページで発信。
  • 平成29年5月15日、台湾台北にて日台戦略対話を開催。対話の概要は、同年6月ホームページで発表。
  • 平成29年5月、安全保障外交政策研究会として、緊急提言 「不都合な真実に直面して― 朝鮮半島の平和と非核化のための政策―」を行う。主査小此木政夫。
  • 平成29年1月31日、フィリピン・マニラにて日比戦略対話を開催する。 対話の概要は、同年3月ホームページで発表。
  • 平成29年1月23日、第3回安全保障・外交政策研究会を開催し、アベノミクスとトランプ政権について討議する。 発表者は伊藤元重。同シニア・アソシエイツ執筆の論考は、 同年3月ホームページにて発信。
  • 12月22日、SSDPのホームページが開設され、小此木政夫執筆の 「北朝鮮政策の再検討─分断国家の核武装にいかに対処すべきか─」及び、 研究会アソシエイツ西田一平太執筆のコラム原稿 「積極的平和主義と自衛隊の新任務」が発信される。
  • 12月7日、第2回安全保障・外交政策研究会を開催し、トランプ大統領とその安全保障戦略について討議する。 発表者は渡部恒雄。
  • 11月26日、研究会シニア・アソシエイツ小此木政夫執筆の 「北朝鮮政策の再検討─分断国家の核武装にいかに対処すべきか─」 が鹿島平和研究所ホームページにて発信される。
  • 同月14日、第1回安全保障・外交政策研究会を開催する。朝鮮半島問題について討議する。発表者は小此木政夫。
  • 同月、安全保障・外交政策研究会 SSDPは、一般財団法人鹿島平和研究所(会長平泉信之)より 「プロジェクト安全保障・外交政策研究会」を受託する。
  • 平成28年10月、秋山アソシエイツ(代表 秋山昌廣)内に 「安全保障・外交政策研究会(Society of Security and Diplomatic Policy Studies, SSDP)」が発足する。
提言・論考
カレントトピックス
秋山通信