秋山通信
このエントリーをはてなブックマークに追加

「蝶々プログラム」に関与
∸韓国の與時齋フューチャーコンセンサスフォーラムに参加―

秋山昌廣
SSDP代表
秋山アソシエイツ代表

2017年11月25日から27日の間、韓国仁川で開催された與時齋フューチャーコンセンサスフォーラムに参加した。日本からは、政治家では石破茂、山口壮、平将明、北神圭朗が、専門家では八田達夫、前田匡史、戴ニ彪、渡部恒雄が参加した。

このフォーラムは、一昨年発足した研究所、與時齋が、提唱する「蝶々プログラム」を基本に、北東アジアの経済協力体制ひいては新しい国際秩序の構築を追求するために開催している、国際会議である。

「蝶々プログラム」とは、端的に言えば、中国の提唱する一帯一路と北極航路の東ルートを合わせ、これを蝶々の右側の羽と見、北極航路西ルートと大西洋―パナマ運河―太平洋―アジアの航路を合わせたものを蝶の左側の羽と見立て、朝鮮半島、日本、中国北東部、ロシア極東で構成される北東アジア地域が蝶の要、胴体となるので、この地域の協力体制を確立して、世界を陸海路で結び、国を超えた都市間の協力を進めようとするものである。

これは壮大な構想だが、現実問題としては北東アジアの経済協力体制ひいては地域の経済共同体を追求しようするものである。

これとて課題はたくさんある。一帯一路構想を進める中国がこのプログラムに乗るのか、ロシア極東はこの地域経済協力体制の一翼を担えるのか、歴史問題で悪化している日韓が協力体制を取れるのか。

しかしこの地域経済協力体制を確立するうえで、北朝鮮問題は最大の課題である。北朝鮮が国際的に孤立している限り北東アジアの地域の一体性は確立できない。

秋山はこのプロジェクトに関心を持ち、単に会議に参加するのではなく、事実上このフォーラムに深く関与している。それは、このプロジェクトに北朝鮮問題、悪化した日韓関係の解決の糸口を見出すことが可能かもしれないと思ったからである。

今後ともこのフォーラムの展開を報告していきたい。

提言・論考
カレントトピックス