秋山通信
このエントリーをはてなブックマークに追加

研究ジャーナル誌「Security Studies 安全保障研究」の発刊

鹿島平和研究所 / 安全保障外交政策研究会

安全保障外交政策研究会は、本年3月より、研究ジャーナル「Security Studies 安全保障研究」を発刊することにしました。研究会で議論し、発表した論考を中心に、まとまったテーマでくくって編集したものです。創刊号は、「経済と安全保障」というタイトルの下、昨年秋に研究会で議論をした、日本の財政経済問題、米中貿易摩擦、経済と安全保障の関係などをテーマにした論考を掲載しました。

また、このジャーナルの一つの特徴は、和英同時発信となっています。議論が英語でなされることが多い国際関係を研究対象とする研究者、学生などに利用価値が高いと思います。内容,構成など今後さらに質の高いものにしていきたいと考えています。

アマゾンを通じた販売としていますので、アマゾンから1冊でも購入して見ていただければ幸いです。検索に「アマゾン」を入れ、アマゾンの公式サイトを開けて、「秋山昌廣」または「安全保障研究」で検索すると、関係書籍がいくつか出てきますが、その中に「Security Studies 安全保障研究」が出ます(下図)。次に「この商品は、Amazon.co.jp以外の出品者(すべての出品を表示)から購入できます」の「すべての出品を表示」をタッチすると、購入手続きのサイトに入れます。価格は600円、輸送料は無料です。

目次

  1. 経済と安全保障 秋山昌廣
  2. 日本経済の現状と政策課題について 伊藤元重
  3. 膨張する社会保障費と財政改革 小黒一正
  4. 米中競争と日本 佐橋亮
  5. 米中貿易戦争の展望―なぜ経済相互依存の米中が対立するのか 関山健
  6. 米中間選挙から2019年のトランプ政権の外交政策を占う 渡部恒雄
  7. 国際通商秩序の現状と今後 田村暁彦
提言・論考
カレントトピックス