SSDPについて

提言論考

アジア太平洋地域の安全保障アーキテクチャー ―ネットワーク覇権を構想―
秋山昌廣 安全保障・外交政策研究会代表

近年、アジア太平洋地域は、世界の中で経済発展の中心となった。中国経済の占める割合が多いのは事実だが、インド、東南アジア、北東アジアそれぞれも総じて安定した経済成長を示してきた。米国経済は良好で、日本も長い低迷から抜け出しそうな気配である。

過去半世紀、この地域では大きな戦争はなかったし、紛争、テロ活動なども比較的少なかった。したがって、安全保障の面で安定、平和な状態が続いたわけで、このことが一つの背景となり経済が大いに成長したと見ることができる。

この地域の持続的経済発展のため、あるいはさらなる経済発展のためには、地域の安定と平和は不可欠である。平和と安定は、地域の各国がそれぞれ努力しなければ簡単に維持することはできないが、同時にその地域全体をカバーする何らかの安全保障装置(体制)があるかないかによって大きく左右される。

アジア太平洋地域には安全保障アーキテクチャーがあるのか。現状はどうか。現状分析にとどまらないで、こういったアーキテクチャーは構想されなければならないのではないか。

ここで、試案として「ネットワーク覇権」を構想したので、解説をしたい。

以下本文へ

Topics

自衛隊の「日報問題」とシビリアン・コントロール
西田一平太 笹川平和財団研究員

2016年7月の自衛隊の南スーダンPKOでの記録に対する情報開示請求に対する不開示決定を端緒に、シビリアン・コントロール(文民統制)の在り方が問われている。結論からいえば、今回の日報問題の本質は、「シビリアン・コントロールの機能不全」といった類のものではなく、文書管理の問題や自衛隊幹部の職務怠慢という内向的な組織の志向とそれを許した政治的指導力の欠如という性質に由来するものといえる。それは、日本社会とその反映である国会が、PKOのような国際安全保障への協力のために自衛隊をどのように活用しようとするのかについて、合意がないことが背景にある。今回の問題は、防衛省・自衛隊という巨大専門家組織への民主的なコントロールにおいて、日本社会および国民の代表である政治側に、軍事についての深い知見と民主国家における安全保障政策遂行への強い意志が不可欠であることを明らかにした。

以下本文へ

秋山通信

4月の南北首脳会談直後に、2本の評論原稿を、5月2日と7日に朝日新聞のWEBRONZAに発表した。ご覧いただければ幸いである。

http://webronza.asahi.com/politics/articles/2018043000002.html
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2018050400002.html

研究会SSDP

中国は大国化が進み、それほど遠くない日にアジアの覇権国になる可能性がある。 インドの勃興、ロシアの復活など、アジア太平洋地域においては国際関係のパワー・トランジションが急速に進展している。 このような環境の下、地域の主要国たる我が国の安全保障戦略および外交は、 今その真価を問われていると言えよう。 このようなことを背景に、平成28年10月 安全保障・外交政策研究会(Society of Security and Diplomatic Policy Studies, SSDP)が発足した。

研究会は、異なる分野の専門家十数名が定期的に集まって、わが国近隣外交(アジア太平洋地域諸国と日本との関係) に焦点をあてて議論をする。そしてこれを日米同盟を核としたわが国安全保障戦略展開の一環と見て継続的重層的に研究し、 政策提言をする。

お知らせ
  • 平成30年3月10日、第2回日比戦略対話を東京で開催し、両国の政治、経済、安全保障、二国関係などについて討議
  • 平成30年2月16日、第9回安全保障外交政策研究会を開催し、アジア太平洋地域の安全保障アーキテクチャーとしてのネットワーク覇権構想について討議
  • 平成29年12月18日、第8回安全保障外交政策研究会を開催し、不安定化する中東について討議。
  • 平成29年10月9日、第7回安全保障外交政策研究会を開催し、中国共産党第19回全国代表大会後の政治及び軍事状況について討議。
  • 平成29年10月8日、特別研究会を開催し、「日中関係の問題点、1992年から2042年まで」と題する講義を聞き、討議。
  • 平成29年9月28日、第6回安全保障外交政策研究会を開催(鹿島平和研究所外交研究会に相乗り)し、これからの日本外交についての講話を聴く。
  • 平成29年9月19日、特別研究会を開催し、インド外交における最近の動きと日本外交のあり方について討議。
  • 平成29年7月20日、第5回安全保障外交政策研究会を開催し、日中に焦点をあてた経済相互依存と政治関係について討議。
  • 平成29年6月30日、特別研究会を開催し、欧州政治の展望と日本外交への示唆について討議。
  • 平成29年5月31日、第4回安全保障外交政策研究会を開催し、大国米中関係の展望と日本外交への示唆について討議。
  • 平成29年5月15日、日台戦略対話を台北で開催し、トランプ新政権の誕生とそのアジア太平洋、特に台湾に与える影響について討議。
  • 平成29年1月23日、第3回安全保障・外交政策研究会を開催し、アベノミクスとトランプ大統領について討議。
  • 12月7日、第2回安全保障・外交政策研究会を開催し。トランプ大統領とその安全保障戦略について討議。
  • 10月14日、第1回安全保障・外交政策研究会を開催。朝鮮半島問題について討議。
  • 平成28年10月、秋山アソシエイツ(代表 秋山昌廣)内に「安全保障・外交政策研究会(Society of Security and Diplomatic Policy Studies, SSDP)」が発足。
提言・論考