SSDPについて

提言論考

「不安定化する中東―外交・安全保障政策上の留意点」田中浩一郎(慶應義塾大学教授)

中東問題を一つのテーマに括るのは難しいが、多様な事例を俯瞰すると中東問題の底流が見えてくる。オバマからトランプに政権が引き継がれた結果、イランへの対応が変わってきている。これも今の中東情勢に影響を及ぼしている。こうした状況を踏まえながら、わが国にとっての留意点を導き出したい。

それでは、中東の諸問題とは何か。個々の問題もあれば、地域全体に波及するようなこと、テロ、難民のように中東にとどまらない問題もある。また、2014年以来石油価格が低迷し、産油国の蓄えが徐々に減っており、非産油国も産油国からの援助が減っている。そこにトランプのエルサレム首都発言が加わり、滞っていた中東和平の先行きもいよいよ不透明となった。そして中東だけでなく、国家を持たない世界最大のクルド族の独立の住民投票による波紋も生じている。カタルーニャの独立も同様である。このような動向は世界の潮流としてはあるが、周辺国、国際社会の目は依然として厳しい。

田中教授は、さらに、地政学的に見た中東、不安定を助長するトランプ大統領、トランプの対中東ドクトリン、中東・湾岸の諸事情、険悪な両岸関係、パラダイムの変化を論じ、外交・安全保障上の留意点を示唆している。本稿は講義記録だが、中東問題の現状がよくわかる。研究会での質疑も掲載した。

以下本文へ

Topics

『福島、元気?』プロジェクト-台湾の若者グループが映像を通じて真の福島を伝える-
尾形誠 前日本台湾交流協会台北事務所主任

2017年5月、安全保障・外交政策研究会(SSDP)と遠景基金会との日台対話の席上、話題が日本食品に対する輸入規制問題に及んだ。日本側からは、東日本大震災において破格の義捐金を提供してくれた台湾と科学的根拠に基づかず感情的かつ的外れな批判を行っている台湾に対し、困惑と共に強い懸念が示された。台湾側からは、政治問題化した背景等の説明はあったものの、打開への道筋は示されなかった。一日も早い規制緩和・撤廃こそが日台関係の健全な発展に繋がるとの共通認識はあるものの、双方の見解には隔たりがあった。

6月下旬、台湾の若い友人から一通のメールが届いた。台湾では、福島の復興状況に関する正確で分かりやすい情報がほとんど伝わっておらず、台湾民衆の日本食品に対する不安は、政治的対立を越え、ミスリードされた国民感情になっているという。そこで彼ら自身が福島を訪ね、自分達の目で捉えたありのままの福島の姿をドキュメンタリー映像を通じて発信したいという。その名も「福島、元気?」プロジェクト。

彼らの真摯な意気込みを紹介したい。

以下本文へ

研究会SSDP

中国は大国化が進み、それほど遠くない日にアジアの覇権国になる可能性がある。 インドの勃興、ロシアの復活など、アジア太平洋地域においては国際関係のパワー・トランジションが急速に進展している。 このような環境の下、地域の主要国たる我が国の安全保障戦略および外交は、 今その真価を問われていると言えよう。 このようなことを背景に、平成28年10月 安全保障・外交政策研究会(Society of Security and Diplomatic Policy Studies, SSDP)が発足した。

研究会は、異なる分野の専門家十数名が定期的に集まって、わが国近隣外交(アジア太平洋地域諸国と日本との関係) に焦点をあてて議論をする。そしてこれを日米同盟を核としたわが国安全保障戦略展開の一環と見て継続的重層的に研究し、 政策提言をする。

お知らせ
  • 平成29年12月18日、第8回安全保障外交政策研究会を開催し、不安定化する中東について討議。
  • 平成29年10月9日、第7回安全保障外交政策研究会を開催し、中国共産党第19回全国代表大会後の政治及び軍事状況について討議。
  • 平成29年10月8日、特別研究会を開催し、「日中関係の問題点、1992年から2042年まで」と題する講義を聞き、討議。
  • 平成29年9月28日、第6回安全保障外交政策研究会を開催(鹿島平和研究所外交研究会に相乗り)し、これからの日本外交についての講話を聴く。
  • 平成29年9月19日、特別研究会を開催し、インド外交における最近の動きと日本外交のあり方について討議。
  • 平成29年7月20日、第5回安全保障外交政策研究会を開催し、日中に焦点をあてた経済相互依存と政治関係について討議。
  • 平成29年6月30日、特別研究会を開催し、欧州政治の展望と日本外交への示唆について討議。
  • 平成29年5月31日、第4回安全保障外交政策研究会を開催し、大国米中関係の展望と日本外交への示唆について討議。
  • 平成29年5月15日、日台戦略対話を台北で開催し、トランプ新政権の誕生とそのアジア太平洋、特に台湾に与える影響について討議。
  • 平成29年1月23日、第3回安全保障・外交政策研究会を開催し、アベノミクスとトランプ大統領について討議。
  • 12月7日、第2回安全保障・外交政策研究会を開催し。トランプ大統領とその安全保障戦略について討議。
  • 10月14日、第1回安全保障・外交政策研究会を開催。朝鮮半島問題について討議。
  • 平成28年10月、秋山アソシエイツ(代表 秋山昌廣)内に「安全保障・外交政策研究会(Society of Security and Diplomatic Policy Studies, SSDP)」が発足。
提言・論考