秋山通信
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018 Future Consensus Forum in Beijing に参加して

秋山昌廣
秋山アソシエイツ代表
安全保障外交政策研究会代表

11月4日、北京にて開催された、Future Consensus Forum に参加した。フォーラムのサブタイトルは、Next Civilized City and Sustainable Developmentで、安全保障の問題に直接かかわるものではない。このフォーラムは、韓国の與時斎(Future Consensus Institute)と中国の清華大学・持続可能な開発研究所の共催だが、私は與時斎の研究プロジェクトにかかわっている関係で、招待されたものである。

セッションのタイトルから議論の中身がほぼ分かると考えるが、それらは次のようなものであった。

計画的創造たる新しい文明都市-The Nest Civilized City as a Project of Planned Creation

デジタル時代と新しい文明都市-The Digital Era and the Next Civilized City

持続可能な都市と持続可能な開発の政策実現-Policy Implications of Sustainable Cities and Sustainable Development

デジタル技術は我々の生活と都市の概念をどのように変えようとしているか―都市技術・サービス-How is Digital Technology changing Our lives and Concept of City?-Urban Technology/Services

基調講演をした潘基文前国連事務総長は、国連のかかわりがあったからであろう、持続可能な開発目標との関係で新しい文明都市を論じていた。

自然科学者を含め、中韓のプレゼンターが次々と発表したが、キーワードは、新しい文明都市、計画的創造、デジタル時代、デジタル技術、持続可能な開発であった。

中国の発表者が、都市の文明化を論じ、集中から分散へ、大都市より中小都市、大企業より中小企業・個人事業、スマートシティーへの発展を熱心に話しているのを聞いて、不思議な感じがした。

言論統制が極めて厳しいとはいえ、共産党一党支配体制さえ批判しなければ、何を話しても良いということであろう。中国も、社会が変わりつつあるのかなと思った。

提言・論考
カレントトピックス